帯域 / 帯域幅(Bandwidth)

帯域(Bandwidth)

帯域(帯域幅)とは

帯域(帯域幅)ホスティングサービス(レンタルサーバーサービス)では回線速度を示し、帯域の数値が大きいほど通信速度が速く、より多くのデータが送信できるという意味になります。

本来、帯域はデータ伝送に使われる周波数(band)の幅(width)のことで、単位は Hz(ヘルツ)。しかしホスティングサービスでは、帯域には bps(bit per second = ビット/秒)という単位が使われます。

送信できるデータ量は 1Mbps なら 1 秒間に 1Mbit(メガビット)、10Mbps なら 1 秒間に 10Mbit です。帯域幅が広い(通信速度が速い)回線はブロードバンド、帯域幅が狭い(通信速度が遅い)回線はナローバンドと呼ばれます。

帯域(帯域幅)

帯域の速度があがれば、より多くのデータが送信できる

間違えやすいのが、bit と byte という単位。ホスティングサービスでは、回線を帯域で示す場合と転送量で示す場合があります。前者の単位は bit、後者は byte ですが「8bit = 1byte」であり、1bit = 1byte ではありません。

帯域の数値だけでは判断できないこと

ホスティングサービスの回線の仕様で次のようなものがあります。

帯域 1Mbps ベストエフォート (100Mbps 共有)

「100Mbps 共有」は、この帯域を複数の契約者で利用することを示し、「1 Mbps ベストエフォート」は、共有している帯域の範囲内で 1Mbps までは速度が出せるように最大限(ベスト)努力(エフォート)するという意味になります。

ここで確認すべきことは 1Mbps が上限なのか、平均値なのかということです。

1Mbps で帯域制限されている場合、それ以上の速度は出せません。よって、突発的なアクセス集中などが発生した場合には、ウェブサイトが表示できなくなる可能性があります。

一方で月間の平均値が 1Mbps 以下ならよいというホスティング会社もあり、その場合は 100Mbps という共有帯域の範囲内で 1Mbps を超える速度を出すことが可能です。(ただし月間平均帯域が既定値を超えると追加料金が発生する場合があります。)

帯域(帯域幅)

帯域制限がなければ、共有回線でも負荷に強い可能性もある

負荷耐性を考えると「1Mbps 専有(1Mbps は保証するが、それ以上の速度は出せない)」よりも、「1Mbps ベストエフォート 100Mbps 共有」の方が有利な場合もあります。

ホスティングサービスを利用するときは、帯域について、このような観点から確認しておくとよいでしょう。

レンタルサーバーの帯域はどのように割り当てられているのか

「帯域 1Mbps ベストエフォート (100Mbps 共有)」は、具体的には回線を誰とどのように共有しているのでしょうか。

ホスティング会社は、データセンターという施設に物理サーバーを設置し、各種設定を施してサービスを提供しています。データセンターを所有しているホスティング会社もありますが、施設の一部を間借りしてサービスを運営している会社も少なくありません。

データセンターには物理サーバーやネットワーク機器などを収納するラックがあり、ホスティングサービス用の機器もそこに設置されています。

通常、ホスティング会社は「ラックマウント型」と呼ばれるサーバーを利用しており、基本サイズは 1U です。ラックは 1U のサーバーが 42 台(42U)設置できるものが多く利用されています。

仮に 1 台のラックに 42 台(1U x 42)の物理サーバーを設置し、このラックに対して 100Mbps の帯域を割り当てた場合、帯域を共有する物理サーバーは 42 台です。

帯域共有

1ラックに100Mbpsを割り当てた場合、収容されたサーバーで回線を共有することになる

ベストエフォートで 100Mbps を共有していて、すべてのサーバーが 1Mbps ずつ帯域を使っている場合、残りの帯域は 58Mbps でかなり余裕があることがわかります。

しかし次のような条件ではどうでしょうか?

  • ラックに 42 台の物理サーバーを設置
  • すべての物理サーバーで共用サーバーサービスを提供
  • 物理サーバー 1 台あたりに収容される利用者は 200

物理サーバー 1 台あたりに収容される契約が 200 なので、合計の契約数は 8400 となり、100Mbps という帯域ではあまり余裕がないかもしれません。

ラックには Firewall やスイッチ、バックアップ用のストレージなど、サーバー以外の機器が設置される場合もあり、1 台のラックに収容されるサーバーの台数はもっと少ないこともあります。

またネットワークの設計はホスティング会社によって異なるため、帯域の割り当ては必ずしも 1 ラック単位とは限りません。あくまでも参考例として考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です