ハイブリッドクラウド(Hybrid Cloud)

ハイブリッドクラウド(Hybrid Cloud)

ハイブリッドクラウドとは

ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドプライベートクラウドなどを組み合わせた利用形態。

拡張性を持ちつつ、重要な情報は専用の領域で安全性を高めて運用したいなどという要望に応えるのが、ハイブリッドクラウドです。

ハイブリッドクラウドには、次のような組み合わせがあります。

  1. パブリッククラウドプライベートクラウド(同じ事業者)
  2. パブリッククラウドプライベートクラウド(異なる事業者)
  3. パブリッククラウドプライベートクラウド(事業者+オンプレミス)
  4. その他、クラウドと他のシステムを組み合わせた運用形態

1 と 2 は、いずれもホスティング型のクラウドを利用するものですが、2 はパブリッククラウドプライベートクラウドの事業者が異なります。

3 はプライベートクラウドのみ利用者側が物理サーバーを用意して仮想化する形態(オンプレミス)です。

他にも様々な組み合わせの運用方式が考えられます。

ハイブリッドクラウドの様々なパターン

ハイブリッドクラウドには様々な組み合わせがある

ハイブリッドクラウドのメリット

ハイブリッドクラウドのメリットとしては、次のような点が挙げられます。

  • 拡張性と安全性や処理能力を両立できる
  • 費用を抑えられる
  • より柔軟な運用が可能になる

例えばアクセス数に大きな波があるウェブサイトにはパブリッククラウド、個人情報はプライベートクラウドとすることで、拡張性を持たせつつ、より安全な運用が可能です。

従量課金のパブリッククラウドにすべてのデータを置いた場合、運用費が高くなる可能性があります。

そのような場合は長期間利用するデータ、大容量なデータなどはオンプレミスのプライベートクラウドに設置することで運用費の抑制が可能です。

組み合わせるクラウドの物理的な場所が東京と大阪など、遠く離れていれば、災害などですべてのシステムが停止したり、データを消失したりするリスクを低くできます。

クラウドで利用できないソフトウェアだけは既存の環境で運用を続け、クラウドと接続して拡張性を持たせるといった使い方もハイブリッドクラウドの利点を生かした使い方です。

ハイブリッドクラウドのデメリット

ハイブリッドクラウドのデメリットとしては、次のような点が挙げられます。

  • 運用が複雑化する可能性がある
  • 技術力が必要になる

ハイブリッドクラウドは、基本的にはパブリッククラウドプライベートクラウドのいいとこ取りなので、利用者にとってはメリットの方が大きくなるはずです。

しかしながら複数の環境を組み合わせるハイブリッドクラウドは、組み合わせによっては運用が複雑化する可能性もあり、技術力も必要になります。

ハイブリッドクラウドの運用に慣れている専門業者もありますが、その分の費用が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です