IaaS、 PaaS、 SaaS

iaas-paas-saas

IaaS、PaaS、SaaS とは

IaaS(イアース/アイアース)PaaS(パース)SaaS(サース)は、クラウドサービスを分類するために用いられる用語です。

各サービスの提供範囲(種類)は、次の表のようになります。

IaaSPaaSSaaS
アプリケーション
ミドルウェア
OS
ハードウェア
ネットワーク

IaaS(イアース/アイアース)とは

IaaS(イアース/アイアース)

IaaS(イアース/アイアース)は、インフラを提供するクラウドサービス

IaaS(イアース/アイアース)は「Infrastructure as a Service」の略で、インフラを提供するクラウドサービスです。一般的にパブリッククラウドを指します。

パブリッククラウドは、ホスティングサービス(レンタルサーバーサービス)と同じくサーバーやネットワークをインターネット経由で利用できるサービスですが、必要なときに必要な分だけリソースが使えるところなどが大きく異なる点です。

従来のホスティングサービスもインフラをインターネット経由で利用するものであり、IaaS として定義されることがあります。

「HaaS(ハース) = Hardware as a Service」は、IaaS の同義語として使われることもありますが、サービスの提供範囲に OS を含むものが IaaS で、含まないものが HaaS という考え方もあります。

IaaS の具体例

IaaS の具体例としては、次のようなサービスが挙げられます。

パブリッククラウドは、利用者にとっては好きなときに必要なだけ利用できる便利なサービスですが、提供側は常に余力を持っておく必要があり、企業体力が必要です。そのためパブリッククラウドの事業者は、海外・国内とも大企業ばかりになっています。

IaaS のメリットとデメリット

IaaS は ハードウェアやネットワークのレベルから設計・構築ができる自由度が高いサービスで、サーバーや Firewall、ロードバランサーなどのネットワークサービスなどとも組み合わせられることに加え、いつでもインターネット経由で利用を始められます。

しかしパブリッククラウドを利用するためには、サーバーやネットワークに関する高度な知識と技術力が必要で、運用に際しては経験も重要。セキュリティ対策などもすべて利用者が行わなくてはいけません。

パブリッククラウドの自由度は魅力的だが、設計・構築・運用を行える技術者がいないという会社向けに、パブリッククラウドを使ったシステム設計・構築・運用を専門的に行う会社(クラウドインテグレーターと呼ばれています)もあります。

使った分だけ払えばよいパブリッククラウドは、コストメリットが高いといわれることもありますが、従来のホスティングサービスでは固定となっている回線費用が従量課金になっている場合があるなど、必ずしも費用を抑えられるわけではありません。

特に複数台のサーバーやネットワークサービスを組み合わせた大規模構成の場合、短期利用なら費用対効果が高くなると考えられますが、中長期で運用する場合は従来のホスティングサービスの方が安価に利用できる可能性もあります。

IaaS のメリット

  • CPU、メモリ、ディスクなどのリソースを必要な分だけ利用できる
  • 様々なネットワークサービスなどを組み合わせて利用できる
  • 利用したいときにすぐ使えて、大規模なシステム構築にも対応できる

IaaS のデメリット

  • システムの設計・構築を行うための高度な知識や技術力が必要
  • 使い方によっては従来のホスティングよりも割高になる

PaaS(パース)とは

PaaS(パース)

PaaS(パース)は、プラットフォームを提供するクラウドサービス

PaaS(パース)は「Platform as a Service」の略。

Platform(プラットフォーム)とはシステムやアプリの開発基盤のことで、それらをインターネット経由で利用できるクラウドサービスが PaaS です。

開発環境を用意する場合、サーバーやネットワーク機器のようなハードウェアやソフトウェアの購入から設定、運用をすべて行わなくてはいけませんが、PaaS はそれらが最初から準備されています。

PaaS の具体例

PaaS の具体例としては次のようなサービスが挙げられます。

PaaS のメリットとデメリット

PaaS では、あらかじめ用意された開発環境をすぐに利用できます。開発が進んでハードウェアリソースが足りなくなっても、すぐに増強可能。

開発環境を用意するための手間や時間、コストを削減できるのが PaaS のよいところですが、長く利用していると環境の移行が難しくなってしまいます。

PaaS のメリット

  • 開発に必要なハードウェアやミドルウェアを用意しなくてもよい
  • ハードウェアリソースを気にせず利用できる

PaaS のデメリット

  • 提供されている環境(言語、ミドルウェアなど)しか利用できない
  • 長く使っていると開発環境の移行が難しくなる(ベンダーロックイン)

SaaS(サース)とは

SaaS(サース)

SaaS(サース)は、ソフトウェアを提供するクラウドサービス

SaaS(サース)は「Software as a Service」の略。

ソフトウェアを従来ののようにパソコンにインストールすることなく、ブラウザを使ってインターネット経由でアクセスして、すぐに利用できるクラウドサービスが SaaS です。

Gmail や Dropbox など利用者の多いサービスの他に、デスクネッツのようなグループウェア(組織内でスケジュールやタスクなど様々な情報を共有するためのツール)もあります。

パソコンのデスクトップのように使える 「DaaS(ダース) = Desktop as a Service」も SaaS の一種です。

IaaS や PaaS のような専門性の高いサービスとは異なり、誰もが利用できるサービスが多く、無料で使えるものも少なくありません。

パソコンからもスマートフォンからも簡単に利用できる、利便性の高いサービスが多くあります。

SaaS の具体例

SaaS の具体例としては次のようなサービスが挙げられます。

SaaS のメリットとデメリット

インターネット接続環境さえあれば、いつでも気軽に利用できるのが SaaS の魅力。

ただし機能などはサービスを提供する会社に決められているため、欲しい機能がないこともあり、業務で利用する場合は、仕事のやり方を提供されるサービスに合わせなくてはいけないこともあります。

SaaS のメリット

  • 利用者がパソコンなどに個別にソフトウェアを入れなくてもよい
  • インターネット接続環境があれば、どこからでも利用できる
  • サービスによっては、複数人で同時に使える

SaaS のデメリット

  • 提供されている機能しか利用できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です