Googleの設定ミスが原因で大規模ネットワーク障害が発生

サーバー関連ニュース

2017 年 8 月 25 日、Google の設定ミスが原因で大規模なネットワーク障害が発生しました。

Google もミスがあったことを公式に認めて謝罪しています。

グーグルが謝罪 大規模ネット障害、装置の誤操作が原因(朝日新聞 DIGITAL)

影響範囲が大きかったためか、障害発生時は SNS で不具合を訴える声が見られました。

朝日新聞の記事によると Google は次のように述べています。

グーグル社は「ネットワークの誤設定により障害が発生し、8分以内に正しい情報に修正した。ご不便、ご心配をおかけしたことをおわびする」としている。(上記、朝日新聞 DIGITAL の記事からの引用)

朝日新聞以外の複数メディアの記事を確認しましたが、Google が間違えたのは通信経路情報のようです。

設定ミスに気が付いてから 8 分という迅速な対応だったにも関わらず、LINE など利用者が多いサービスが数時間もつながりにくい状態になったとのことで、インターネット上における Google の存在の大きさを感じることとなりました。

ISP(インターネットサービスプロバイダー)などの通信事業者は NOC(ネットワークオペレーションセンター)といわれる施設を持ち、ネットワークを管理・運営しています。

NOC では 24 時間 365 日、技術者がネットワークを管理していますが、人為的な操作をともなうため今回のようにミスすることもあるでしょう。

同様にレンタルサーバーサービスでも、サーバーやネットワーク機器などの操作・設定ミスによって引き起こされる様々な障害があります。

誤ってデータが削除されることもありえるため、常にそのような最悪の事態を想定してバックアップを行い、原状回復の方法を確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です