パブリッククラウド(Public Cloud)

パブリッククラウド(Public Cloud)

パブリッククラウドとは

パブリッククラウドサーバーのリソース(CPU、メモリ、ディスク)などを提供するサービスで、技術的分類としては IaaS に含まれます。

IaaS、 PaaS、 SaaS

2017.05.18

インターネット経由でサーバーを利用できる点は、従来のホスティング(レンタルサーバー)サービスと同じです。

パブリッククラウドでは、利用するサーバーの台数やリソースの内容を契約後でも拡張・縮小が可能(スケーラブル)で、時間単位で利用できるところが従来のホスティングサービスと大きく異なります。

必要なときに必要な分だけリソースを利用できるパブリッククラウドですが、サービスの提供側はいつでも利用者が必要とするリソースを提供できるように、常に大きな余裕が必要です。

使われていないリソースは利益を生まないため、パブリッククラウドは企業体力がなければ提供できません。

国内外とも、パブリッククラウドの提供事業者が大手企業に限られるのは、そのためといえます。

パブリッククラウドの定義には曖昧な部分があり、契約が月単位、拡張性が限定的、複数台構成に非対応というサービスもあります。

パブリッククラウドのメリット

パブリッククラウドのメリットとしては、次のような点が挙げられます。

  • すぐに導入できる
  • 複数台構成、大規模構成にも対応可能
  • サーバーのリソースが必要なときに必要な分だけ利用できる
  • 拡張性が高い(スケーラブル)

従来のホスティングサービスは基本的には単体で、複数台構成の場合もホスティング会社が用意したプランの中から選ぶという形が一般的でした。

サーバーやネットワーク機器が高額であったり、台数が多かったりすれば、開通までに時間もかかります。

ホスティングではなく、利用者が機器を購入する場合は自由な設計ができますが、導入費用がかかり、運用費も必要です。

一方でパブリッククラウドなら、ブラウザの管理画面を通して、その場で複数台構成のシステムを構築・開通できます。

また初期費用がかからないサービスが一般的です。

さらにサービス開始後も自由に内容を変更できるため、状況に合わせてサーバーやネットワーク系サービスのリソースや台数、回線容量などを自由に増減できます。

例えば年に一度のマラソン大会で、ウェブサイトを使って先着順で出場者を募集する場合、アクセスが殺到する数時間だけサーバーや回線を大幅に増強し、他の日は低スペックなサーバー 1 台で運用するということが可能です。

パブリッククラウド(Public Cloud)

パブリッククラウドはサーバー構成の拡張・縮小が自由自在

このようにパブリッククラウドでは、従来のホスティングサービスでは実現不可能だった柔軟性のある使い方ができます。

パブリッククラウドのデメリット

パブリッククラウドのデメリットとしては、次のような点が挙げられます。

  • システムの設計・構築を行うための高度な知識や技術力が必要
  • 使い方によっては従来のホスティングよりも割高になる
  • 障害発生時に状況が把握できず、復旧にかかる時間もわからない

国内のホスティングサービスは、ホスティング会社のサポートが手厚く、サーバーに関してそれほど詳しくなくとも利用できるサービスも多くあります。

しかしパブリッククラウドは、基本的には OS やミドルウェアのインストールや設定を行うのは利用者です。

そのためサーバーやネットワークに詳しいエンジニアが必要になります。

サポートが手厚いパブリッククラウドサービスもあります。

短期間に膨大なサーバーリソースを必要とするような場合には、費用対効果が高いパブリッククラウドですが、長期間の利用の場合は必ずしも費用を抑えられるわけではありません。

パブリッククラウドの多くは従量課金で、サーバーや回線にかかる負荷に応じて課金額が変わることもその一因です。(固定課金のサービスもあります)

ハードウェアを利用者側で管理していない点はホスティングサービスと同じで、障害発生時はサービス提供者側の対応に任せて復旧を待つしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です