VPS(Virtual Private Server / 仮想専用サーバー)

vps(仮想専用サーバー)

VPS(Virtual Private Server / 仮想専用サーバー)とは

VPS(Virtual Private Server / 仮想専用サーバー)は、物理サーバー上に作成した仮想サーバーを複数の契約者に提供するホスティングサービス(レンタルサーバーサービス)

物理サーバーを複数の利用者で共有する点は、共用サーバーと同じですが、サーバーをソフトウェアによって仮想化して利用領域を区分し、各領域(仮想サーバー)にリソース(CPU、メモリ、ディスク)を割り当てられるのが VPS の特徴です。

vps(仮想専用サーバー)

物理サーバーを仮想的に区切り、そのスペースを複数の利用者が使うVPS

VPS には次のような利点があります。

  • 専用サーバーのように自由にソフトウェアをインストールできる(例外あり)
  • 一定の性能が保証される
  • サーバーのスケールアップに対応している場合がある
  • 物理サーバーを共有する他の利用者の影響を受けにくい

通常 VPS では利用者が仮想サーバーの root 権限を付与されて、自由にソフトウェアをインストールできます(標準では root 権限が付与されていないサービスもあります)。

また、サーバーのリソース(CPU、メモリ、ディスク)に一定の保証があることなどから、専用サーバーのような感覚で利用可能です。

さらにサービスによってはサーバーの環境はそのままに、スケールアップ(CPU、メモリ、ディスクの割り当て容量を増やす)が可能で、サーバー移転を行わずにサーバーの性能を上げられます。

VPS は、同じく物理サーバーを共有する共用サーバーと比較して、物理サーバーを共有する他の利用者の影響を受けにくくなっていますが、まったく影響がないわけではありません。

サーバーの仮想化には、主に次のような方式があります。

  1. 通常の OS + 仮想化ソフトで仮想化
  2. 仮想化ソフトのみで仮想化

1 の方式では、一般的なサーバー OS がインストールされた物理サーバー(専用サーバーとして使える状態)に、仮想化ソフトをインストールして仮想サーバーを作成します。

このとき物理サーバーに元から入っている OS を「ホストOS」、仮想サーバーにインストールする OS を「ゲスト OS」と呼びます。

一方、2 の方式では、物理サーバーに仮想化用のソフトを直接インストールして仮想サーバーを作成するため、サーバー OS は必要ありません。

この場合はホスト OS は存在しませんが、仮想サーバーにインストールした OS は、同様に「ゲスト OS」になります。

vps(仮想専用サーバー)の仕組み

VPS にはサーバー OS 上に仮想化ソフトを入れるものや物理サーバーを直接、仮想化するものなどがある

代表的な仮想化ソフトは、次のとおりです。

VPS の価格帯

vps(仮想専用サーバー)の価格帯

VPS の最低価格は1,000円以下が多い

2017 年 5 月現在、Serverzine が選んだ国内の主要ホスティング会社が提供する 21 の VPS の最低価格の分布は次のとおりで、 1,000 円以下のサービスが約半数を占めるとわかりました。

純粋にサーバーのみを提供しているものから、手厚いサポートを行っているものまで、様々な種類のサービスがあります。

VPS の最低価格(原則、税別)提供されているサービス数
〜 500 円3
501 円〜 1,000 円7
1,001 円〜 2,000 円3
2,001 円 〜 3,000 円2
3,001 円 〜 4,000 円2
4,001 円 〜 10,000 円3
10,001 円 〜1
  • 複数年契約(最高で 2 年契約)したときの、月あたりの価格も含まれます。
  • 原則として税別の価格ですが、ウェブサイト上で税を含むかどうかが明確になっていないサービスは、表示価格を税別という扱いにしています。
  • 無料サービスは、調査対象外としています。

VPS で採用されている仮想化ソフトと利用できる OS(Operating System)

VPS サービスで採用されている仮想化ソフトの種類によって、利用できる機能が異なる場合があります。例えば、マイグレーション機能によって、VPS のデータ(ディスクイメージ)を別の環境(物理サーバーやクラウド)に移すサービスは、すべての VPS で使えるわけではありません。

仮想化の方式が同じでも、提供する機能を制限している場合があるため、利用者はホスティング会社がどのような機能を提供しているかを、あらかじめ確認しておくことが重要です。

VPS で採用されている仮想化ソフト

調査対象の 21 のサービスのうち、仮想化ソフトとしては KVM がもっとも多く利用されていることがわかりましたが、数としてはそれほど多くはありません。

採用されている仮想化ソフト採用されている数
KVM6
Virtuozzo Containers3
OpenVZ3
その他(Xen、Hyper-V、LXC、OpenStackなど)5
不明6
  • サービス数 21 に対して仮想化ソフトの数が 23 になっているのは 3 つのサービスで 2 種類の仮想化ソフトが利用されているためです。

VPS で利用できる OS

vpsで利用できるOS

VPS では多種多様な OS が利用できる

VPS で利用できる OS は、専用サーバーよりも種類が豊富ということがわかりました。複数の選択肢を用意しているサービスも多くあります。

VPS は、root 権限を付与されて自由にソフトウェアをインストールでき、安価に利用できるサービスも多いため、様々な環境を用意して検証を行うことが比較的容易にできることから、ホスティング会社側も多種多様な選択肢を提供しているのかもしれません。

CentOS は、主要ホスティング会社が提供している 25 の専用サーバーサービスのうち 80% が提供していますが(Serverzine 調べ。調査時点での数値。)、VPS においても提供しているサービスが多いことがわかりました。

商用 Linux OS である Redhat Enterprise Linux のクローンである CentOS は信頼性も高く、需要があると考えられます。

利用できる OS提供されている数
CentOS20
Debian10
Ubuntu10
FreeBSD5
Fedora5
Scientific Linux4
openSUSE3
Windows5
Arch Linux2
その他4
  • サービス数 21 に対して OS の数が 149 になっているのは複数のサービスで数種類の OS が提供されているためです。

VPS のコントロールパネル

コントロールパネルは、Plesk と独自開発のものがほぼ同数ということがわかりました。

VPS には GUI(Graphical User Interface) のコントロールパネルによって、共用サーバーと同じような感覚で利用できるものもあれば、コマンドラインで操作しなくてはいけないサービスもあるため、サービスを選ぶときには注意が必要です。

VPS で提供されているコントロールパネル提供されているサービス数
Plesk10
独自開発9
cPanel1
その他1
不明2
  • サービス数 21 に対してコントロールパネルの数が 23 になっているのは 2 つのサービスで 2 種類のコントロールパネルが提供されているためです。

コントロールパネル(Control Panel)

2017.05.26

VPS の回線

VPS の回線は、共用サーバーと同じく、一般的に転送量で示されます。

転送量を無制限としているサービスも多いのですが、どれだけ使ってもよいという意味ではなく、「明確な制限を定めていない」という意味を示すことが多いようなので注意が必要です。

転送量についてより深く理解するために、帯域について説明した記事も合わせてご覧ください。(転送量と帯域は、いずれも回線のことを示しています)

帯域 / 帯域幅(Bandwidth)

2017.05.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です